公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市岡之山美術館

MENU

施設案内

施設の概要

西脇市岡之山美術館は、西脇市出身の美術家横尾忠則の作品展示と地域活動を主たる事業と定め、昭和59年6月に磯崎新氏設計による建物が完成、10月に開館し、外観はホームに停車している三両連結の列車をイメージして設計された。 平成25年7月、新しく現代美術の展示拠点としての美術館を目指します。

横尾忠則 TADANORI YOKOO
画家。1936年、兵庫県西脇市生まれ。神戸でグラフィックデザイナーとして出発。1969年、第6回パリ青年ビエンナーレ展版画部門大賞他、数多くの賞を受賞。ニューヨーク近代美術館をはじめ各地で個展が開催され、日本を代表するアーティストとして国際的な評価を獲得。近年では絵画の分野での成果を得、1985年第13回パリビエンナーレ展、第18回サンパウロビエンナーレ展、第4回バングラディシュビエンナーレ展、第45回ベニスビエンナーレ展(クリスチャン・リーのキューレーションによる企画展)に招待出品。1987年兵庫県文化賞、1995年毎日芸術賞を受賞する。2000年ニューヨークADCの「ホール・オブ・フェイム(殿堂入り)」、2001年には紫綬褒章を授与される。

横尾忠則


磯崎 新 ARATA ISOZAKI
建築家。1931年大分県大分市生まれ。 1954年東大建築学科卒業。1961年同大学院博士課程修了。1963年磯崎新アトリエを設立。建築設計、都市デザインなどの分野で斬新な作品を次々と発表、脚光を浴び、現代日本建築界を代表する作家となった。当美術館の他に、代表的な作品としては、大分県立図書館、群馬県立近代美術館、北九州市立美術館、北九州市立中央図書館、つくばセンタービル、ロサンゼルス現代美術館、水戸芸術館、サンジェルディ・パレス(バルセロナ・オリンピック主競技場)、ティーム・ディズニー・ビルディング(フロリダ)などがある。

磯崎 新

このページのトップへ