公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

MENU

施設案内

施設の概要

西脇市岡之山美術館は、西脇市出身の美術家横尾忠則の作品展示と地域活動を主たる事業と定め、昭和59年6月に磯崎新氏設計による建物が完成、10月に開館し、外観はホームに停車している三両連結の列車をイメージして設計された。 平成25年7月、新しく現代美術の展示拠点としての美術館を目指します。

くわしく見る

館内施設のご案内

エントランス
壁画

エントランス

ギリシャ神殿を想わせる円柱に支えられたアーチ型の屋根をくぐるとギャラリーへ。

写真上: 建物の外観

写真下: 屋外に設置された横尾忠則陶板壁画 (タイトル:LISA LYON IN NISHIWAKI, APRIL.18.1984)

ギャラリー

ギャラリー

現代美術の企画展示をします。

メディテーションルーム外観
メディテーションルーム内観

メディテーションルーム

ピラミッドパワーを感じながら瞑想に耽る。西脇市岡之山美術館を特徴づけるユニークな建物です。

写真上: 外観
写真下: 内観

アトリエ外観
アトリエ内観

アトリエ

地域の作家を紹介するアトリエシリーズ、ワークショップ等を開催。

写真上: 外観
写真下: 内観

ミーティングルーム

ミーティングルーム

館企画の美術講座、実習等に活用。

夜景

夜景

ライトアップされた建物は幻想的な雰囲気が漂います。

館内マップ

西脇市岡之山美術館の館内マップ
このページのトップへ