公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

MENU

西脇市岡之山美術館

OKANOYAMA MUSEUM OF ART NISHIWAKI

西脇市岡之山美術館は、日本の標準時間を定める東経135度のラインと、日本の南北の中央を横切る北緯35度の交点にあたる「日本のへそ公園」に位置し、西脇市出身の美術家横尾忠則の作品収蔵と地域活動を主たる事業と定め、昭和59年6月に磯崎新氏設計による建物が完成、10月に開館しました。

OKANOYAMA MUSEUM OF ART NISHIWAKI

小さくともきらりと光る美術館     西脇市岡之山美術館は、日本の標準時間を定める東経135度のラインと、日本の南北の中央を横切る北緯35度の交点にあたる「日本のへそ公園」に位置し、1984年6月に建築家磯崎新氏設計による建物が完成、10月に開館しました。西脇市に生まれて国際的に活躍する美術家横尾忠則の作品収集と個展の開催、地域の芸術家とワークショップ等に焦点をあてた多彩な展覧会と教育プログラムを積極的にすすめ、2013年からは、現代美術の展示拠点として新スタートを切り、多彩な現代美術の魅力を紹介しています。  本館の屋外エントランスには、横尾忠則の代表作である巨大な陶板壁画《LISA LYON IN NISHIWAKI, APRIL.18..1984》を常設展示しています。 美術館建物小.jpg

INFOMATION

本館ギャラリー企画展「花とアート」展が4月14日(日)から始まります。2019年の春の到来にちなみ、花と植物をめぐる多彩な絵画、ドローイング、写真、立体を紹介するものです。当館が過去に開催した企画展に出品いただいた作家、片山みやび、中山明日香、山田脩二をはじめ、寺門孝之、増田妃早子、FUKEなどによる花のイメージを巡る独創的な作品を紹介します。

このページのトップへ
(15.Nov.2006~)