公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市岡之山美術館

MENU

美術館日記

(公財)西脇市文化・スポーツ振興財団の採用情報

展覧会情報

「天国:寺門孝之」展(仮題)

「天国:寺門孝之」展(仮題)
【開催期間】 2020年12月19日(土)~2021年3月21日(日)
【休 館 日】 月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
        ※年末年始12月28日(月)~2021年1月5日(火)
【開館時間】 10:00~17:00(入館16:30まで) 
【入 館 料】 大人300円(250円)
       シルバー250円(200円)
       高大生200円(150円)
       小中生100円(70円)
       ※( )内20名以上の団体料金
       ※障がい者割引あり
       ※ココロンカード利用可
       ※65歳以上の方は、年齢確認の出来るものをご提示ください。
【関連事業】 
①「ギャラリートーク」…作家とキュレーターが作品の見どころを立ち話形式でお話します。参加費:無料
②イベント・ワークショップ等 
※日時等詳細は決定次第ホームページでお知らせします。


西脇市岡之山美術館では、画家、イラストレーターとして多彩な活動を展開する寺門孝之の個展を開催します。寺門孝之は、1961年、名古屋市に生まれ、大阪大学文学部美学科を卒業後、セツ・モードセミナーに学び、コンピュータグラフィクスの世界に携わるとともに、1985年第6回日本グラフィック展大賞を受賞し、イラストレーションと絵画の分野で活躍します。1993年以降は神戸のアトリエで絵画への傾倒を深め、天使を重要な絵画の主題に据えて、東京に拠点を置いた後も、神戸と東京を行き来しながら、旺盛な創作活動をすすめています。
本展は、多くの人々に知られる天使画の代表作とともに関連資料や新しい舞台芸術への関心などをふまえた新作・資料を含む、多彩な寺門芸術の魅力を紹介します。

このページのトップへ