公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市岡之山美術館

MENU

(公財)西脇市文化・スポーツ振興財団の採用情報

展覧会情報

「星とアート」展-星を忘れない。天空のイメージ-

「星とアート」展-星を忘れない。天空のイメージ-
【開催期間】 2019年8月4日(日)~12月1日(日)
【休 館 日】 月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日 ※8月13日(火)は臨時開館
【開館時間】 10:00~17:00(入館16:30まで) 
【入 館 料】 大人310円(260円)
       高大生210円(160円)
       小中生110円(80円)
       ※( )内20名以上の団体料金
       ※障がい者割引あり
       ※ココロンカード利用可
【関連事業】 ◆ギャラリートーク 8月4日(日)開会式後、午前11時から出席作家とキュレーターが作品の見どころを解説します。参加費:無料

※都合により、一部、変更になる場合があります。


夜空に輝く星の姿は、天空の太陽、月、天の川、さらには雲や山、海原などの地上とからみあう風景的なものと深く関わり、古来から様々なかたちで人々の想像力を刺激してきました。とりわけ夜空に輝く星座のかたちには、神話、物語、伝説の登場人物、聖獣と聖なるものの形象がそこかしこに投影されました。星の姿かたちは、アートの世界に刺激を与え、時代をこえて綿々と語り継ぐ重要な対象となっています。
本展覧会は、星空を彩るイメージの佇まいに注目し、天空の星を作品のテーマに据えた多彩な作品を一堂に紹介します。幸村真佐男による天体の軌跡の写真をはじめ、日本古来の星座神話の研究で知られる国文学者勝俣隆による星の神話をめぐるドローイングの仕事、星、天使、妖精たちのヴィジョナリーな世界を描く寺門孝之、デリケートな感覚と筆触で月と風景を描く増田妃早子、星空やはるかな宇宙の佇まいと生活風景との予想外の結びつきを取り上げた中山明日香、天体と風景、星と自然とのきずなを深く意識した作品で知られる片山みやびによる多彩な表現を通じて、星とイメージをめぐる人間の想像力とア
ートの魅力に迫ります。


「星とアート」展-星を忘れない。天空のイメージ-


「星とアート」展-星を忘れない。天空のイメージ-


PDFファイルチラシ表面のPDFファイル(PDF:1.15MB)
PDFファイルチラシ裏面のPDFファイル(PDF:1.55MB)

このページのトップへ