公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市岡之山美術館

MENU

美術館日記

(公財)西脇市文化・スポーツ振興財団の採用情報

催し案内

美術館講座「水性木版画「彫り進み法による版表現」

定員に達しましたので、キャンセル待ちとなります。ご了承ください。
【日 時】 2022年1月30日(日) 13:30~16:00 受付13:00~
【場 所】 西脇市岡之山美術館 研修室
【講 師】 仲野壽志先生(春陽会版画部会員、兵庫県美術家同盟副代表、兵庫県民芸協会会員)
【受講料】 2,000円(材料費、入館料込)
【定 員】 8名程度(先着順・要予約※新型コロナウイルス感染症の状況により定員数を変更する場合があります。)
【お申込み】 西脇市岡之山美術館(TEL)0795-23-6223
【持ち物】 筆記用具、鉛筆(HB・2B)色鉛筆、水彩絵の具、水彩筆(小平筆・小丸筆)数本、パレット、彫刻刀(切り出し刀・平刀・三角刀・丸刀・丸刀(細い))※お持ちでない方は、貸出可(数に限りがありますので、申込時にお知らせください。)※汚れても良い服装でご参加ください。
【その他】 コロナ感染症拡大防止対策を講じて開催いたしますが、やむをえず延期や中止をする場合がございますので、ご了承ください。最新情報はホームページ「催し案内」をご確認ください。

oka20220130.jpg


今回の講座は、仲野壽志先生を講師にお招きし、「水性木版画」の講座を開催します。
木版画は、版画の中でも古くから制作が行われてきた技法で、日本では江戸時代に制作されていた浮世絵が知られています。彫刻刀を用いて木の版を彫って作り出した凸部に、絵の具をのせて和紙に摺る版画技法です。この技法で「彫り進み法による版表現」を学び、「宙の花」をテーマに作品を制作します。
木版画の味わい深い表現に挑戦できるこの機会に、ぜひご参加くださいますようご案内いたします。

このページのトップへ