科学館ロゴ
科学館イメージ



にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」は、

東経135度、北緯35度の交点「日本のへそ」にある

地球・宇宙をテーマにした科学館です。

日本のへそから経緯度、地球、宇宙まで

楽しみながら学ぶことができます。

科学館周辺の「日本へそ公園」には、

遊びながら科学を体験できる「宇宙っ子ランド」や

磯崎新氏がデザインした「岡之山美術館」などもあり、

豊かな自然に囲まれてゆったりと過ごしていただけます。

最終更新日 2016年5月31日



テラ・ドームギャラリー「地球の営み」展

  テラ・ドームギャラリーで、辻里美さん、中川達雄さん、片岡準一さん、篠田敏宏さんの4名による自然写真展を開催中です。
   ☆期 間 5月29日(日)〜6月30日(木)

  ●出品作品募集中
   子どもたちに自然や宇宙の素晴らしさを伝えていただける方なら個人・グループは問いません。
   詳しくは、テラ・ドーム(TEL 0795-23-2772)にお問い合わせください。




テラ・ドームではこんなことをやりました

  テラ・ドームでは、一人でも多くの方に星や宇宙、そして科学に興味を持っていただくためにいろいろな事業を行っています。
  平成27年度に実施した事業をまとめた事業報告書ができあがりました。
  ぜひごらんいただき、今後ともテラ・ドームをご活用いただきたいと思います。
  平成27年度にしわき経緯度地球科学館事業報告書(pdf形式9.3MB)はこちら

  過去の事業報告(平成21年度以降)はこちら




火星が最接近

  地球のひとつ外側を回る火星ですが、近くから見るチャンスは地球が火星を追い越す2年ごとにしかやってきません。
  5月31日に地球に最接近した火星は、これからしばらくの間、明るく大きい姿を見ることができます。
  テラ・ドームの夜のスターウォッチングでは、夏ごろまで表面の模様や極冠といわれる氷などが見られます。
  お隣の星、火星の姿をぜひ見に来てください。




光と目のふしぎを体験しよう!

  私たちはふだん、光を通していろいろな情報を得ています。
  さまざまな展示物を通して、光とそれを感じる目のふしぎにせまってみませんか?

  ☆「光と目のふしぎ」展
     ☆ 3月19日(土)〜6月26日(日)
      ※ 入館料だけでごらんいただけます。

  



夜のスターウォッチングで木星を見よう!

  太陽系最大の惑星、木星が見ごろを迎えました。
  望遠鏡では、表面のしま模様やガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星を見ることができます。
  テラ・ドームの夜のスターウォッチングでも6月ごろまで見ていただけます。
  ぜひ見に来てください。

  ☆夜のスターウォッチング
     土曜日、祝日の前日 19:30〜21:00
     参加費:ひとり200円(幼児は無料)
     電話で予約してください(当日でも可)

  



ふわふわドームのごあんない

 公園内の遊具、ふわふわドームは、子どもにも大人にも大人気!
 飛んだり跳ねたり、この楽しさはやみつきになります!
 皆さんも、ぜひ体験してみてくださいね!

   ご利用時間 9:30〜17:00まで
   雨の日と、にしわき経緯度地球科学館が休館の日は使えません




6/1更新 4/23更新 4/22更新
館内 ご利用案内 イベント ギャラリー 星のひろば リンク 財団 西脇市
館内のご案内 ご利用案内 イベント情報 ギャラリー 星のひろば 天文リンク 西脇市文化・スポーツ振興財団 西脇市のホームページへ

公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団
にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」
〒677-0039 兵庫県西脇市上比延町334-2
TEL 0795-23-2772 FAX 0795-23-3110
e-mail:terra@city.nishiwaki.lg.jp
無料アクセスカウンター