公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市立音楽ホール「アピカホール」

MENU

アピカホールの過去の催し

第138回しばざくらコンサート「ふれあいトリオコンサート」吉田恭子と仲間たち

第138回しばざくらコンサート
「ふれあいトリオコンサート」
吉田恭子と仲間たち

ヴァイオリン、ピアノ、チェロで奏でる
美しい名曲の数々を、楽しい「おはなし」とともにお届けします!!

2017年9月30日(土)
13時開演(12時開場)
※12時~楽器体験を行います。

公益財団法事西脇市文化・スポーツ振興財団


■入場料
一般 1,000円(全席自由)
※未就学児の入場はご遠慮ください

■プログラム(都合により変更する場合がございます。)

エルガー:愛のあいさつ
ショパン:幻想即興曲
モンティ:チャールダッシュ
カサド:親愛なる言葉

≪みんなで参加!ボディパーカッション≫
★ボディパーカッションとは、音楽に合わせて手や足を動かすリズム遊びです。

ピアソラ:オブリビオン・リベルタンゴ
メルデスゾーン:ピアノ三重奏曲 第1番

■出演者プロフィール
吉田恭子(ヴァイオリン)
桐朋学園大学音楽学部を卒業後、英国ギルドホール音楽院、米国マンハッタン音楽院へ留学。
ニューヨーックを拠点に多岐にわたる演奏活動を行い、数々の賞を受賞。「研ぎ済まされた感性や情感を楽器を通して偽りなく表現できるヴァイオリニスト」と絶賛される。これまでにアーロン・ロザンド、江藤俊哉、滝沢達也各氏に師事。全国各地でリサイタルを行う他、日本の主要オーケストラと共演し、指揮者、共演者からも厚い信頼を寄せられている。2001年CDデビュー。2016年、9枚目のソロアルバムとなる[ROmanza-ロマンツァー]をリリース。メディアにも様々な活動を取り上げられ、NHK「カラヤン生誕100年記念・特別番組」、テレビ朝日「題名のない音楽会21」「徹子の部屋」、テレビ東京「みゅーじん」「たえしの誰でもピカソ」等出演多数。また映像とのコラボレーションによる「いわさきちひろと吉田恭子の世界」、日本ユニセフ協会「オードリー・ヘップバーン子供基金コンサート」、他にも「香音の時~クラシックを芳~」と題し、アロマの香りと音楽を楽しむという企画を立ち上げ、好評を得ている。2003年から地域社会の活性化と福祉の精神を目的に、全国の小中学生等をクラシックの世界へ道案内する巡回教育プログラム「ふれあいトリオ~吉田恭子と仲間たち~」をスタートさせ、これまでに約440公演、約10万人以上が参加している。これらの積極的な活動と功績が認められ、2008年度「関西経済と心の会・奨励賞」を受賞。2011年より毎夏、弦楽アンサンブルアカデミー「若い芽の弦楽アンサンブルin軽井沢(通称YEK)を開催。実行委員長を務め、若者への指導にも力を注いでいる。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

■会場:西脇市立音楽ホール「アピカホール」
〒677-0015 兵庫県西脇市西脇991
☎0795-23-9000

■協賛
西脇ロイヤルホテル【1階レストラン:チケットご提示にて10%OFF】
東レ(株) 三井生命保険(株) 三井化学(株) 三井造船(株) デンカ(株) ロート製薬(株)

■主催
公益財団法人西脇市文化・スポーツ振興財団

このページのトップへ