公益財団法人 西脇市文化・スポーツ振興財団

西脇市岡之山美術館

MENU

展覧会情報

「アトリエの夢―かじ・おっと・みよし」展

「アトリエの夢―かじ・おっと・みよし」展
【開催期間】 2017年12月24日(日)~2018年3月25日(日)
【休 館 日】 月曜日(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日
            ※年末年始(12月29日(金)~平成30年1月3日(水))
【開館時間】 10:00~17:00(入館16:30まで) 
【入 館 料】 大人310円(260円)
       高大生210円(160円)
       小中生110円(80円)
       ※( )内20名以上の団体料金
       ※障がい者割引あり
       ※ココロンカード利用可
【関連事業】 ◆トークショー「東山嘉事さんと私」
東山嘉事さんとの想い出を語ります。
おっと(美術家)×宮崎みよし(美術家、NPO法人リ・フォープ代表)×山﨑均(当館客員キュレーター、神戸芸術工科大学教授) 
※日時未定(決定次第ホームページにてお知らせします。)


西脇市岡之山美術館は、3人の現代美術家、東山嘉事(かじ)、おっと、宮崎みよしのアートの仕事場と作品の魅力を紹介する展覧会を開催します。
東山嘉事(1934~2006年)は、フムフム族というユニークな想像上の生き物たちとの交感をさまざまに表現して注目を浴び、自然豊かな兵庫県三田市藍本に仕事場を構えて制作しました。「かじさん」という名で子供から大人まで世代をこえて親しまれ、その作品は多くの人々の共感を呼び起こし、若い作家に影響を与えました。
おっと(1959年~)は木彫から出発し、東急ハンズ大賞受賞後に偶然かじさんと出会います。受賞を知ったかじさんが好奇心からおっとの自宅を訪ねて交流が始まりました。着て遊べる木彫りの彫刻KIFUKU
や3D立体写真など、さまざまなイメージと立体を制作しています。
現代美術家の宮崎みよしは、はやくから木やドローイングに取り組み、生まれ育った神戸のまちと文化、アートをつなぐNPO法人リ・フォープ代表として活動しています。ギャラリー&カフェ「プラネットEartH」(神戸元町高架通3)にはかじさんの代表作のひとつ、巨大な《モーモーモー》が展示されています。
 本展は、東山嘉事の作品とアトリエの魅力を紹介するとともに、かじさんと最も親しかったおっとと宮崎みよしによる最近作及び新作をそれぞれのアトリエや創作現場の雰囲気とあわせて紹介します。

このページのトップへ